酵素の性質と特徴

酵素はエネルギーの源

私たちは普段、『栄養補給』というと、たんぱく質や炭水化物、脂質など、一般的な栄養分を補給することをイメージします。

確かにこれらの栄養素は体内のエネルギーとしてなくてはならない成分ですが、食べ物を消化・分解・代謝し、エネルギーに変えてくれる酵素がなければ、いくら栄養素を摂っても人間は生きることができません。

つまり、私たちが普段『栄養素』と呼んでいるものは、酵素あってはじめて『栄養素』となるのです。

実際、サプリメントや健康ドリンクの成分として有名なビタミンやミネラルは、酵素がなくては体の中で十分に活用されないため、酵素のはたらきを助ける『補酵素』として扱われています。

酵素の性質と特徴

酵素は非常に種類が多く、現在わかっている分だけでも3000種類以上存在すると言われています。

なぜこれだけ酵素が必要なのか。それは、ひとつひとつの酵素が、たったひとつの働きしか行わない特殊な性質を持っているためです。

たとえば、消化酵素のひとつである『アミラーゼ』は、デンプンを分解するはたらきを持っていますが、たんぱく質を分解する作用は持っていません。

たんぱく質を分解するためには、別途『プロテアーゼ』と呼ばれる酵素が必要であり、アミラーゼ単体ではすべての成分を分解することができないのです。

このように、酵素は単一のはたらきしか行わないため、それぞれの器官でそれぞれの役割を行う3000種類もの酵素が必要となってくるのです。

酵素が含まれる食べ物

酵素は人間の体内で作られる他に、食物にも含まれています。これを『食物酵素』といいます。

食物酵素が豊富に含まれる食べ物としては、生野菜や果物、野草、生肉、刺身など、生の新鮮な食べ物が挙げられます。

また、納豆やみそ、漬け物やチーズなどの発酵食品にも多くの酵素が含まれています。

どれも日常の食生活でおなじみの食材ばかりなので、比較的摂取しやすいと言えますが、酵素は熱に弱い性質なので、加熱調理するとせっかくの酵素が変成してしまいます。

そのため、酵素を補給する際は、新鮮な生の食材または発酵食品を加熱せずに食べるよう心がけましょう。